2020/08/13 18:35

>製作者の作品ページはこちら


ウルフバート トーキョー代表 / ショー

Biography:
ネオ メディーヴァル/ペイガンフォークのバンド「ステラミラ」を率い「デザフェス (デザインフェスタ) 」センタースタージでのパフォーマンスや、「スチームガーデン」、「ハンターズフェア」などのスチームパンク イベントの他、ルーツミュージックの祭典「The WILD ROVER」などにも出演。
ステージで身につけるレザー アクセサリーの製作から始まり、海外を中心としたレザーアイテムを製作・販売に着手。
一時中断したのち「ULFBERHT Tokyo」と名乗りを新たに前期中世ヴァイキングの時代から、中世盛期/後期のイングランドをテーマにしたレザーアクセサリーを製作し、国内を中心に販売を再開。

—————————————

1998年から2011年までバンド「Royal SHAMROCK」で活動。
ストリートカルチャーに根ざしたスピリッツを基盤に、2000年頃から、80年代イギリス スタイルのスタッズ&レザーアクセサリーを制作。

2012年から2014年まで、40年代アメリカのウェスタン ベルトやトラッカーズ ウォレットなどを制作するブランド「HELIOS」を立ち上げ海外に向けて受注製作・販売し、アメリカとヨーロッパを中心にファンを獲得していた。

2014年からは「HELIOS」内でヴァイキング時代や中世盛期~後期をテーマにしたレザークラフトのラインも開始、ウルフバートの前身となる。

2016年に休止。

2019年に「Phalanx Alpha (ファランクスアルファ)」と名付け、ネオメディーヴァル /ペイガンフォークのレザーアクセサリー製作を再開し、国内で販売。

2020年から「ULFBERHT Tokyo ウルフバート トーキョー)」に名乗りを改め、東急ハンズ池袋店で開催された販売イベント「Viking Life」や、ブリティッシュパブ The Old Arrowで開催された「Medieval Market」などに出展する。