2020/07/28 21:30

>製作者の作品ページはこちら


1000年前の北欧の民族ヴァイキングの物作りを現代によみがえらせる。
日本ヴァイキング協会では、当時の出土品を元にした革物やアクセサリーなどの再現製作をはじめ、ヴァイキングをモチーフにして色々な素材を使った物作り、オーダーメイドを行っています。


私、本山知輝は、革物とアクセサリーを主に作っています。木で盾やテントを作ったり、絵を描くこともあります。
私の物作りのきっかけになったのは、20年以上前に訪れた北欧のヴァイキング村です。村で過ごしていたひとりのヴァイキングから革の縫い方を教わり、それからヴァイキングの物作りにのめりこんでいきました。


本山めぐみは、革物の他にも、羊毛を使ったフェルトや編み物が得意です。また、キャンプやイベントで使うヴァイキング服のほとんどは、彼女が作っています。ヴァイキング時代の食材を使った料理の再現にも取り組み、広く再現活動を楽しんでいます。

再現製作には過程の分だけたくさんの楽しみがあると思います。新たに調べて学ぶヴァイキング時代の文化。作業中は1000年前の技術力と工夫に驚き、物の中に残された当時の人たちの気持ちに気付く。そして、ひとつ作るたびに少しずつかつてのヴァイキングに近づいていく。そんなことを感じながらヴァイキングの物作りを行っています。

皆様と共にヴァイキング時代の楽しみを感じることができたら嬉しいです。